【結果発表】写真+キャッチコピーコンテスト

最優秀賞

新垣 来実

ご先祖さま、おかえりなさい。

作品の説明

お盆のある3日間はご先祖さまが家に帰ってくる。お線香の煙がご先祖さまの気持ちを表しているようだ。

優秀賞

新川 にこり

木漏れ日のなかで繋がる命

作品の説明

私が今、生きている、存在しているのも、両親や祖父、祖母、曽祖父、曽祖母、先代の方々のおかげ。こうやって、シーミーを迎えることができるのもご先祖さまのお陰。命はつながっている。

佳作

銘苅 優羽

守り続ける道を永遠に

作品の説明

今では新しいビルが建ち、町の風景が少しずつ変わってきている中、何千年前は普通に誰かが歩いてきた道を守ることが私たちの義務だと思います。

入選

本村 海月

広く深くのびる根で私たちを支えてくれるガジュマルの木。

作品の説明

何重にも重なった根は何十年もの歴史を感じさせてくれる。

入選

大城 爽一朗

赤瓦のある風景

作品の説明

首里城の近くから城下を望むと見える景色です。赤瓦とともに、風や虫にさらされながらもたくましい若葉がきれいだなと思い撮影しました。

入選

屋比久 乃亜

屋敷ぬ御願(ヤシチヌウガン)

作品の説明

屋敷の御願をしたときに撮った一枚です。来年から家の建て替え工事が始まるのでこの家での屋敷の御願は最後になります。できるだけ、全体が写るようにしました。

入選

名嘉 姫愛

我が島の美しき銅像 尚円王

作品の説明

伊是名村は尚円王の生まれ島です。伊是名村を代表する歴史上の人物の尚円王の銅像を撮りました。

入選

勝連 紗英

琉球国にタイムスリップ

作品の説明

家族で識名園に行ったとき、むかし沖縄が琉球という国だったと聞きました。識名園のお庭を歩いていると昔の人になった気分がしたので、このキャッチコピーをつけました。

入選

真栄城 豪

唐手の先人たちを想いながら

作品の説明

空手の歴史を学びながら、稽古を重ね精進してます!素晴らしい文化に感謝しながら、受け継いでいきたいです。

入選

眞榮平寧音

古の声を聴く

作品の説明

中城城跡に足を踏み入れ昔の人々の暮らしに思いを馳せていたら、生活音や声が聞こえてきたような気がしました。

入選

池城咲花

ニライカナイからの恵み

作品の説明

この写真は、家族で石垣島のサンセットを見に行ったときの写真です。きれいな海と夕日に喜ぶ妹を撮りました。コロナで島外に遊びに行くことができないけれど、その分、小学校最後の夏休みは、家族で島のいろんなところに出かけて、島の宝物をたくさん見つけることができました。沖縄は海に囲まれて自然の恵みをたくさんもらってます。自然の恵みに感謝して、いつまでも沖縄の宝であるきれいな海を守り続けたいです。

入選

黄金 蒼生

月桃と守礼の邦

作品の説明

観光地としての守礼門ではなく、長い歴史の中を支えてきた門の姿を表現した

入選

金城 沙弥

「港川フィッシャー」ここは、旧石器時代が今も目の前にある。

作品の説明

中学校の理科の自由研究で、身近な地域の地層を調べました。そこで港川フィッシャーを見に行きました。港川人は、約1万8千年前のここに生活していました。下の層からは、それ以前に生活していたリュウキュウジカの化石が見つかり、上の層からはそれ以降に生活していたイノシシの化石が見つかっており、層によって、年代が違うということが分かりました。この場所では、旧石器時代からの様々な生き物の歴史が実感できます。