【結果発表】琉歌コンテスト

一般の部

最優秀賞

伊良波 賢弥

渡海の荒波に 立ち向かて出ぢやる 親ふじの心 世々に繋が

とぅけぬあらなみに たちんかてぃんじゃる うやふじぬくくる ゆゆにちなが

作品の説明|海を越えて渡っていった先人たちの思いを私たちも受け継いで、後世に伝えようという思いで作りました。

優秀賞

岩島真理子

首里城登てぃ 眺みゆる景色 いちんいちまでぃん 肝に残て

すいぐしくぬぶてぃ ながみゆるちしち いちんいちまでぃん ちむにぬくてぃ

作品の説明|首里城にのぼって眺めた美しい景色はいついつまでも私の心に残っています。

佳作

赤嶺なをみ

榕樹ぬ根元 昔物語 祖母クバぬ 涼さ香さ

がじゅまるぬにむとぅ んかしむぬがたい うふあんまくばぬ しらさかばさ

作品の説明|子どもの頃、夏の夕暮れ時には、大きなガジュマルの木の下にゴザを敷き祖母のクバ扇にあおられながら色んな話を聞かせてもらった。柔らかな風と一緒に、祖母の(私も)お風呂上がりの石けん(LAX)の匂いがした。

中高生の部

最優秀賞

平良 菜々子

エイサーの音に のせて届けるは ウチナー魂 チムドンドン

えいさーのうとぅに のせてとどけるは うちなーだましい ちむどんどん

作品の説明|先祖の思いを沖縄の伝統文化であるエイサーで表現しました。

優秀賞

宮城 結南

うちなーぬ歴史 音楽にのせて 届けていきたい むるぬ想い

うちなーぬれきし おんがくにのせて とどけていきたい むるぬうむい

作品の説明|みんなが築き上げてきた歴史、たくさんの想いを次世代の人々に伝えていきたい。これからも平和が続いていくことを願って。

佳作

宮平桃華

刻まれた歴史 創られた文化 学でぃ深みーん 語り継ごう

きざまれたれきし つくられたぶんか まなでぃふかみーん かたりつごう

作品の説明|沖縄の歴史や文化を琉球歴史文化の日をとおして、学び、深めて、次世代にも語り継いでいきたい

小学生の部

最優秀賞

知念俊吾

南からの風 そよそよと吹きて サトウキビゆれる へいわなひび

みなみからのかぜ そよそよとふきて さとうきびゆれる へいわなひび

作品の説明|平和な時を想像して書きました。

優秀賞

中村俊介

暑い屋根の上 家を守ってる 可愛いシーサー かなさんどー

あついやねのうえ いえをまもってる かわいいしーさー かなさんどー

作品の説明|ひがあっているあついやねなのに家を守ってくれてる

佳作

仲宗根せんじ

ニライカナイばし 平せいかられい和 ながれているうみ せいふぁうたき

にらいかないばし へいせいかられいわ ながれているうみ せいふぁうたき

作品の説明|さいげんをたくさんした